大阪 枚方市の美容鍼灸・エステサロン|FACE SALON BUZA

NEWS & BLOG

美容鍼で内出血を防ぐには2020.02.15

こんにちは。東條です。

先日は美容鍼のリスクのうち痛みについて取り上げました。

今日はもう一つのリスク、内出血についてお話ししましょう。

内出血とは、簡単に言いますと青タンです。顔の青タンは、体に生じた場合よりも人の目につきやすいため、日常生活に大きなストレスを感じる方もおられます。

美容鍼では0.1~0.2㎜の細い鍼を使用しますが、青タンができる可能性を0%にはできません。そこに近づける方法を模索し続けるのみです。

内出血を起こさなくする方法は、

  • 細い鍼を使用する
  • 鍼を深く刺さない
  • 鍼の本数を少なくする
  • 血管の走行を熟知する
  • 経験を積む
  • 止血を迅速に行う
  • 出血したところを冷やす

これらを心がけて行うとリスクは大きく下がります。
こうした感覚は、美容鍼を多く施術し、内出血を起こした回数と経験を積み重ねてきたことで培われたものです。内出血を起こさない美容鍼の打ち方が、分かるようになったということなのでしょう。

このツボには、この方向にこの深さまで刺せる。この出血の程度であれば、内出血にはならない。など経験は美容鍼専門でやらせていただいているからこそだと思います。

まだ書ききれていないことがありますので、次もリスクについてお話させていただきます

ではまた次回。

カテゴリー

アーカイブ

ご予約はお電話またはwebで承ります。

※初回ご来店の際はカウンセリングをさせていただきます。
お時間に余裕をもってご来店ください。

ページトップへ