大阪 枚方市の美容鍼灸・エステサロン|FACE SALON BUZA

NEWS & BLOG

正しくは、ヒト由来幹細胞培養液2020.01.25

さて、幹細胞の知識が増えたところで昨日の続きです。復習もかねて肌の構造図をもう一回見てみましょう。

皮膚構造

青い円の基底層というところに、基底細胞なる幹細胞があるとお話しました。それがこちら。

「ヒト幹細胞美容液」・・・正式には「ヒト脂肪組織由来幹細胞培養液」だそうです。

ヒト幹細胞美容液の言葉のイメージって、人の幹細胞に働きかける美容液、または人の幹細胞が入っている美容液と感じられるんですが・・・

もちろん、ヒトの幹細胞そのものが入っているわけではありませんし、幹細胞に必ず働きかけられる美容液でもありません。

単純にいえば「幹細胞を増やしたり成長させる際に生じた培養液」を加えた美容液ということです。

なんか騙された気分になりません?言葉って使いようなんだとしみじみ感じます。

ちなみに「ヒト由来」とわざわざつけているのは、植物由来の幹細胞培養液があるからです。

植物由来の幹細胞培養液は、「人の肌になじまないのでは」と言われています。それはそうでしょう。違う生物なんだから、と普通に思ってしまいます。

植物より人、他人より自分の方が、自分の体になじむのは当たり前ですよね。
自分は世界に一人しかいないのですから、自前が最も良いのです。

ヒト由来幹細胞培養液には、

グロスファクター(GF)

と呼ばれる、細胞を成長させたり、増やしたりする物質がたくさん含まれています。わざわざ赤色にしたのは、これが幹細胞美容液の肝になっているからです。

美容液に添加される代表的なグロスファクターは、インスリン由来成長因子(IGF)、線維芽細胞成長因子(FGF) 、上皮成長因子(EGF)、トランスフォーミング成長因子(TGF)などです。

美容鍼に関係する、血小板由来成長因子(PDGF)については以前ブログで取り上げました。ご参考までに。

それぞれのグロスファクターの効能については、後日ブログで取り上げたいと考えています。

当サロンで取り扱いしているコスメの中にも、マジェスタにFGFが、セルグレースシリーズのフォーミュラにEGF、FGF、TGF、IGFが含まれています。

グロスファクターを含む美容液は現時点では高価ですが、こうしたグロスファクターコスメを使用する、手軽なトリートメントメニューも作っていきたいと考えています。

またブログで告知します。

さて、いつもの結論です。

【ヒト幹細胞美容液】とは、ヒトの脂肪組織の培養液を美容液に添加したもの。その培養液には、グロスファクターなどの細胞の成長と増殖を助ける物質が含まれている。

皆さんが想像していた美容液ではなかったかもしれません。私もそうでした。正しい知識は重要です。

ではまた次回。

カテゴリー

アーカイブ

ご予約はお電話またはwebで承ります。

※初回ご来店の際はカウンセリングをさせていただきます。
お時間に余裕をもってご来店ください。

ページトップへ